分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
7(バリン)へ  9(イソロイシン)へ

ロイシン

 ロイシンもバリンと同じく、製作が大変でした。R(側鎖)があまりにも密にしているからです。
 
動く分子事典より 発泡スチロール模型・正面 裏面
ロイシンの動く分子事典での像 ロイシンの分子模型の正面 ロイシンの分子模型の裏面
 アミノ酸の共通構造は、1(アミノ酸の共通構造)を見て下さい。

2、R(側鎖)

A、Rの完成図です。
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-H 2.4
Rの完成
 
B、Rの部品の製作です。
R1  R1です。109.5度の角度定規を用いて、30mm→30mm→24mm→24mmと切ります。
R2  R2です。30mm→30mm→30mm→24mmと切ります。
R3  R3、4です。30mm→24mm→24mm→24mmと切ります。これを2個作ります。

 上に見えるように組み合わせてみて、重なり合がある所は切除します。
 
 こうしてできた、カルボキシル基、C、アミノ基、Rがうまい具合にはまる場所を見つけて、重なり合う部分を切除し、接着すると完成です。
 
 完成してみると、こんなにギッチリとつまってしまうと、原子どうしの結合の軸で回転して変形するという事ができないのではないかと思えるほどです。
 
 これも製作が大変でした。
 
 2002.11.23初出 2003.3.30修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
7(バリン)へ  9(イソロイシン)へ