分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型10に戻る  分子模型12に進む

マジックテープ

マジックテープ  一つ120円ほどで売ってありました。これを、「炭素の黒・水素の白・酸素の赤」に割り当てて貼りました。これで、結合部分をはずしたり他のものと結合させたりして化学反応を示すことができます。
 ただし、オスメスがあるので、どちらを貼るべきかを注意深くする必要があります。


3色のマジックテープ カルボキシル基
3色のマジックテープをつけたところ カルボキシル基 水

 左のようにして、3色のマジックテープを貼りました。
 これを例えば真ん中のように炭素と水酸基を結合させると、カルボキシル基のできあがりです。
 さらに、右のように水酸基と水素を結合させると、水のできあがりです。

 セッケンのできあがるようすを示す分子模型を「つまようじ方式」から「マジックテープ方式」へと作り替えました。
 「つまようじ方式」とは、原子間の結合をつまようじで行うものです。結合部位での回転を示すのに有効な方法だと思います。しかし、頻繁に使っているために穴が大きくなり、つまようじではしっかりと結合できなくなったので、回転を示す必要のないセッケンなどでは「マジックテープ方式」の方がいいと感じました。
 
*引用文献:組み換え可能な分子模型による生体分子教材の作製と活用〜発泡スチロール球とマジックテープを用いて〜 平岩真一、塩崎かおり、神山励子 埼玉生物 第38号(1998)6-9

マジックテープの種類
マジックテープ
 左のマジックテープは、オスとメスがあるもので、裏に接着剤がついています。
 
 右のマジックテープは、FREEMAGICといって、一枚のマジックテープの中にオスとメスの要素が組み込んであるので、オス・メスを考える必要がない優れものです。よって、生徒に化学反応を示せる分子模型を作ってもらうには、作業が単純になって便利でした。ですが、裏に接着剤がついていませんので、両面テープを丸く切って貼付けて発泡スチロール球と接着する必要があります。
 
 この両面テープが問題でした。それは、<両面テープの貼付ける力>と<FREEMAGIC同士の接着力>とでは、<FREEMAGIC同士の接着力>の方が強いために、FREEMAGIC同士を剥がそうとすると、FREEMAGICと発泡スチロール球の間ではげてしまうという現象が起きたからです。
 
両面テープ
 しかし、右の両面テープ<高性能 ポリエチレン・ポリプロピレン用超強力両面テープ>を使ったら解決できました。
 他の値段の高い両面テープは厚みも高かったのですが、このテープは比較的安くて(430円)テープの厚みも薄いのでバッチリです。
 

2003.4.12修正 2003.5.26修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型10に戻る  分子模型12に進む