分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方16に戻る  分子模型の作り方18に進む

麦芽糖→デンプン

 ブドウ糖をつなげると麦芽糖になります。
動く分子事典より 麦芽糖
動く分子模型の麦芽糖 麦芽糖

麦芽糖を作る  一番上にはブドウ糖が2個あります。

  ↓

 左側のブドウ糖の(1)の炭素から水素がはずれ、右側のブドウ糖の(4)の炭素から水酸基(OH)がはずれています。

  ↓

 水素と水酸基が結合すると、水ができます。そして、ブドウ糖どうしが結合して麦芽糖ができています。
 


デンプンを作る 左のように、麦芽糖と同じ要領で、さらにブドウ糖を結合していくことができます。
 これが数千、数万とつながっていったものが、デンプンです。
 
 逆に、デンプンに水をぶつけて結合を切ると、麦芽糖を経て、ブドウ糖ができます。

 これが、デンプンの消化です。

 
 2003.1.22

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方16に戻る  分子模型の作り方18に進む