分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方53に戻る    分子模型の作り方54に進む

メタン

動く分子事典より 完成した分子模型
メタンの動く分子事典での像 メタンの分子模型
 化学便覧 基礎編 IIのデータを利用して計算すると2.4cmで切ればいいことがわかりました。
 
 「炭素に結合する水素の角度を計算する」のやり方で計算すると、炭素原子と水素原子の角度は109.5度となります。
 
  
メタンの部品  よって、2.5cmの発泡スチロール球を半分に切って水素原子を4つ作り、3.5cmの発泡スチロール球を黒く塗って109.5度で4カ所切ればいいことになります。

 109.5度で4カ所切るのは、エタノールと同じように、109.5度の角度定規を使えばよいです。
 
 こうして作ったのが左の写真です。
  
2005.6.10

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方53に戻る    分子模型の作り方54に進む