分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方46に戻る  分子模型の作り方48に進む

硝酸

 硝酸は、ニトロ基に水酸基がついた、平たい形をした分子です。
 
 二酸化窒素や一酸化窒素を作るとき、硝酸は自らを破壊しながら反応しています。「なんて激しい奴だ」と思わずにいられません。
 水酸基の部分を取り外しやすいのでしょう。そして、他の分子とくっついたときには、ニトロ基の部分から酸素がとれやすくなるのに違いありません。「壊れやすいくせに形になっている」という分子なのでしょう。
動く分子事典より 硝酸
事典より 分子模型

 窒素と酸素の間は2.8cmで切るのが計算結果です。その通りに切ると「動く分子事典」のようになります。
 でも、他の分子と結合していく様子を表現するには2.4cmで切った方がよいと判断して、右のように作りました。

部品
a-b 切断面の直径(cm)
N-O 2.4
O-H 2.4
 Nは30mm球を青色に塗り、1mm間隔で平らになるように3カ所24mmで切ります。
 Oは30mm球を赤色に塗り、2.4cmで1カ所切ったものを2個作ります。また、2.4cmで接するように2カ所切ったものを1個作ります。
 Hは25mm球を半分に切ったものを1つ用意します。

2004.8.17

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方46に戻る  分子模型の作り方48に進む