分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方45に戻る   分子模型の作り方47に進む

ニトログリセリン

 ダイナマイトの材料として有名なニトログリセリンです。
 
 ニトログリセリンは、グリセリンに3つもニトロ基がついています。
 おかげで、一つの分子の中にある酸素原子の多い事と言ったら。分子内の3個の炭素原子と反応してもおつりがでます。これなら、分子内で燃えてしまいますから、<分子さえ壊せば爆発する>のも無理はないと思えます。
動く分子事典より ニトログリセリン
事典より 分子模型

部品
a-b 切断面の直径(cm)
N-O 2.4
N-C 2.4
C-C 2.9
C-H 2.4
C-O 2.4
 Nは30mm球を青色に塗り、1mm間隔で平らになるように3カ所24mmで切ります。
 Oは30mm球を赤色に塗り、2.4cmで1カ所切ったものを6個作ります。また、2.4cmで接するように2カ所切ったものを3個作ります。
 Hは25mm球を半分に切ったものを5つ用意します。
 Cは35mm球を黒色に塗り、2.9cmで109.5°の角度定規を使って2カ所切った後で、同じ角度定規を使って2.4cmで2カ所切ったものを1個作ります(1)。次に、109.5°の角度定規を使って2.9cmで1カ所、2.4cmで3カ所切ったものを2個作ります(2)。
 (1)には2.9cmどうしの切り口で〈切れ線〉ができます。そして、他の2.9cmの切り口とぴったり合うように重ねてから、この〈切れ線〉を使って(2)の2.9cmの切り口に線を引きます。次に、(2)同士が(1)を挟んでぴったりと合うように、線を利用して切ります。
 ニトロ基グリセリンに酸素を介して3つつくように全てを接着すると完成です。

2004.8.16

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方45に戻る   分子模型の作り方47に進む