分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方7に戻る    分子模型の作り方9に進む

尿素

 化学便覧 基礎編 IIのデータを利用して計算したのが以下の表です。
a-b a原子の
半径
b原子の
半径
c=abの
距離
R=結合面の直径 切断面の直径(cm)
C-O 1.7 1.52 1.262 2.932102684 2.9
C-N 1.7 1.55 1.341 2.941863617 2.9
N-H 1.55 1.2 1.036 2.397616017 2.4
 角度は∠NCN=118.2、∠NCO=120.9とありました。きれいに3方向に出ているとみなして、Cの3面は120度で作成することにしました。
 
イラストレータ描画 分子模型
nyousoai.jpg nyousoze.JPG

  Adobe社のイラストレータを使って分子模型の図を描いたものと,完成した分子模型です。
  尿素は平らな分子です。
  
nyousobu.JPG

  イラストレータの忠実な再現は難しいので,作りやすさも配慮してみました。
  Cは,120度の角度定規を使いながら,3方向に切ります。すべて29mmで切ればいいです。
 
  酸素は29mmで切り,大きい方を使います。
 
  窒素は、24mmで接するように2カ所切ります。
  窒素には,25mmの発泡スチロール球を半分に切って作った水素原子を2個つけます。
 
  炭素と接する3カ所目は,水素をつけてから切ります。
  「水素をつけた窒素」の状態で,水素のついていない側を下向きに置き,29mmで切ります。
 
  こうしてできた各部品を木工用ボンドでつけると完成です。
  

2002.8.8初出 2009.11.19修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方7に戻る    分子模型の作り方9に進む