分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
2(αβ)へ  4(グリシン)へ

ペプチド結合

 アミノ酸は一部にマジックテープを使用して製作していますので、下の写真のようにペプチド結合のできる様子を示すことができます。
グリシンとアラニン カルボキシル基からOH
アミノ基からH
ペプチド結合と水
グリシンとアラニン はずれる 水ができる

 上のことを繰り返すと、ポリペプチド(たくさんつながったらタンパク質)になります。
 下の写真では4つのアミノ酸がペプチド結合で鎖のようにつながっています。
ポリペプチド
 
 2002.9.25

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
2(αβ)へ  4(グリシン)へ