分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
14(プロリン)へ  16(チロシン)へ

フェニルアラニン

 フェニルアラニンは、アラニンのCHベンゼン環がくっついた形をしています。
 
 「完成した分子模型」には部品名を記入しました。
動く分子事典より 完成した分子模型
フェニルアラニンの動く分子事典での像 フェニルアラニンの分子模型

1、アミノ酸の共通構造

 アミノ酸の共通構造は、1(アミノ酸の共通構造)を見て下さい。

2、R(側鎖)

A、RのC
 
 「RのC」は、109.5°の角度定規を用意し、30mm→30mm→24mm→24mmと切ればできあがりです。これに、2.4cmで切ったHを、2個つければいいです。
 
(アミノ酸の共通構造にRのCがついた状態がアラニンにあたります)
 
B、ベンゼン環
 詳細はベンゼンを見て下さい。

ベンゼンのC:120の角度定規を用いて30mm→30mmと切った後、切れ線が平行になるように24mmの孔定規に逆立ちさせてから、24mmで切ります。

Rと結合するベンゼンのC:120の角度定規を用いて30mm→30mmと切った後に、30mmの孔定規に逆立ちさせてから30mmで切ります。
 
 以上の部品を組み上げる際に、フェニルアラニンがアラニンと違って工夫が必要なところをまとめました。
重なりを示した図 カルボキシル基の切除
官能基の重なりを示した図 カルボキシル基の切除
RのC ベンゼン環の切除
C ベンゼン環の切除
 「C」と「RのC」には、上の写真に示したように切れ線ができていますから、これを重ねてはりつけます。
 
 この「C」と「RのC」の間にカルボキシル基とベンゼン環が入ります。この中にカルボキシル基をいれ、ベンゼン環を入れる場所を示したのが、「重なりを示した図」です。そして、その場所を赤の矢印で示しました。
 
 このようにベンゼン環がはまるためには、ベンゼン環とカルボキシル基が重なる部分を切除する必要があります。それが、「カルボキシル基の切除」「ベンゼン環の切除」として示した写真です。
 
 「C」と「RのC」の切れ線を利用して、切除するための線を引きます。そして、どの方向に切除しなければいけないかの見当をつけてから切りました。後は、組み合わせながら微細に調整して切ればよいです。
 
 2002.10.8初出 2003.3.30修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
14(プロリン)へ  16(チロシン)へ