分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方43に戻る  分子模型の作り方45に進む

リン脂質:ホスファチジルエタノールアミン

 生物の体を作る細胞には細胞膜があります。その細胞膜の主成分の一つが〈リン脂質〉です。
 このリン脂質の代表例の一つである〈ホスファチジルエタノールアミン〉を作りました。
動く分子事典より ホスファチジルエタノールアミン
事典より 分子模型
 ホスファチジルエタノールアミンは、油脂に3つついているステアリン酸のうちの一つが〈頭〉=〈リン酸を含む分子〉に変わったものです。
部品
頭 部品
a-b 切断面の直径(cm)
P-O 2.4
O-H 2.4
N-H 2.4
C-N 2.4
C-H 2.4
C-C 2.8
 Pは35mm球を橙色に塗り、109.5°の角度定規を使いつつ2.4cmで4カ所切ります。
 Oは30mm球を赤色に塗り、2.4cmで1カ所切ったものを2個と、2.4cmで接するように2カ所切ったものを2個作ります。
 Hは25mm球を半分に切ったものを8つ用意します。
 Cは35mm球を黒色に塗り、2.8cmで一カ所切った後で109.5°の角度定規を使って2.4cmで3カ所切ります。これを2個作ります。
 Nは30mm球を青色で塗ります。まず、2.4cmで接するように3カ所切ります(これは、アンモニアと同じ作り方です)。その後、2.4cmの穴に立てて置き、4つ目の切り口を作ります。
アンモニアの部分
アンモニアの部分
 すると、切れ線ができます。これを利用してHの3つを切って、組み合わせたときに平らになるようにします。
 以上を組み合わせると頭の部分の完成となります。
 ただし、〈頭〉の左下に見える水酸基=OHはマジックテープで接合して、脱水反応ができるようにしておきます。
頭と油脂の結合前 リン脂質の完成
結合前 結合後
 ステアリン酸の3本足のうち1本がはずれた油脂と〈頭〉の結合前の姿が左の写真です。
 水がとれる形で両者が結合して完成したのが右の写真です。
 
 このようにしてできることは知っていましたから、ずっと「リン脂質は油の仲間だ」と思っていました。でも、〈頭〉の部分が水と仲が良いので、一つの分子の中に〈水と仲が良い部分〉と〈油と仲が良い部分〉があることになっています。つまり、界面活性剤=石けんの一種ということになります。
 
 すなわち、「細胞膜は石けんでできている」といっても、そこまで無茶な話ではないわけです。

2004.8.14

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方43に戻る  分子模型の作り方45に進む