分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方40に戻る  分子模型の作り方42に進む

プロパン

動く分子事典より 発泡スチロール模型
プロパンの動く分子事典 プロパンの分子模型

a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-H 2.4
 プロパンは家庭に燃料として提供されているガスの代表で、構成している元素は、炭素と水素だけです。
 上の写真の様に、プロパンは3つの炭素と8つの水素からできています。
 また、それぞれの炭素原子は、少しぶつかった部分がありますので、結合面以外にも一部分を切除する必要があります。
 
ブタンの部品 左の写真は、炭素原子を切り終えて並べて部品を示しました。
  1. 両端の炭素(2個)
    1. 30mmで切る
    2. 109.5°の角度定規を用いて、24mmで3カ所切る。
  2. 間の炭素(1個)
    1. 30mmで切る
    2. 109.5°の角度定規を用いて、30mmで1カ所切る。
    3. 109.5°の角度定規を用いて、24mmで2カ所切る。
 余分な部分の切除には、「間の炭素」にできる「切れ線」を利用します。
 
 つまり、「端の炭素」の30mmの断面に「間の炭素」の30mmの断面をぴたりとあてると、「切れ線」を利用して「端の炭素」に線を引く事ができます。
 そして、見当を付けてから線に沿ってカッターナイフで切除するわけです。
 
 これに、25mm球を半分に切った水素原子を貼付けていけば完成です。

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方40に戻る  分子模型の作り方42に進む