分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方57に戻る    分子模型の作り方59に進む

ピレトリン

 アリフマキラーの有効成分を見てみると,「ピレトリン」と書いてありました。
 そこで,燃やしても安全なのかどうかを知るためにどんな分子か調べてみました。
 すると,『理化学辞典』によると「除虫菊の成分で,強力な殺虫剤」だそうです。このうちのピレトリンIの分子模型を作ってみることにしました。
ピレトリンの分子模型 炭素骨格と構造式
ピレトリンの動く分子事典 ピレトリンの構造式
動く分子事典より
空間充填モデル
棒球モデル
ピレトリンの動く分子事典 ピレトリンの構造式
 炭素原子が三角形につながっているシクロプロパンと,炭素原子が五角形につながっているシクロペンテン(一個だけ二重結合)と,2個の炭素原子が二重結合でつながっているエチレンが,ピレトリンの分子の部品になっています。
 
  
部品  シクロプロパン,シクロペンテン,エチレンという部品が分かるように,部品の一覧にしてみました。
シクロプロパン  シクロプロパンの部分の部品の拡大です。
シクロペンテン  シクロペンテンの部分の部品の拡大です。
  
 部品たちの「重なり合いを切除」してつなぐと完成です。
 
2005.8.19

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方57に戻る    分子模型の作り方59に進む