分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方17に戻る  分子模型の作り方19に進む

ピリミジン

 ピリミジンは、シトシンやチミンやウラシルといった核酸の塩基の原型になる重要な物質です。
 そして、分子の形は見事に平らです。
動く分子事典より ピリミジン
動く分子模型のピリミジン ピリミジン

麦芽糖を作る 真上からの写真ではうまい具合にできているように見えていますが、左の写真に黄色の矢印で示したように白い部分が見えていて、実はあまりきれいなできではありません。

(白く見える部分は黒く塗れば気にならないので、切った後に塗ることにしました)

ピリミジン 炭素:35mm球を黒く塗り、ア・イのようにして切ります。

ア:120度の角度定規を用いて、28mmで2カ所切ります。その後、ちょうど真ん中になるように立たせておいてから24mmで1カ所切ります。

イ:120度の角度定規を用いて、28mmと24mmで切ります。そして、アと同じように立たせておいてから残りの水素と結合する部分を24mmで切ります。

窒素:30mm球を青に塗り、24mmで接するように2カ所切ります。

水素:25mm球を半分になるように切ります。


  アと二つのイでできたくぼみも埋めるように、窒素二つにはさまれたアを組みます。
 仮組して様子を見てから接着すれば完成です。
 
 2003.2.19初出 2003.4.8修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方17に戻る  分子模型の作り方19に進む