分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
10(DNAの組み立て)に戻る    12(ATP)に進む

11 リボース

1omote.JPG  リボースはRNAの材料となる分子です。デオキシリボースとは酸素原子1個の違いです。
 
2ura.jpg  裏から見たところです。「にOHがついている」のがリボースで,「H」だけがついているのがデオキシリボースです。
3omote.jpg  OHをはずして炭素原子たちによる骨組みを示しました。
4ura.JPG  裏からの骨組みです。
5hazusi.JPG  私は〈5角形をつくっている炭素〉についている炭素=を外せるように加工しました。RNAを作るときの自由度を高めるためです。
五角形を作る酸素:30mm球を赤く塗り、108度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ります。

炭素:35mm球を黒く塗り、ア・イ・ウ・エ・オのようにして切ります。

ア:28mmで切ったあと,108度の角度定規を用いて24mmで切ります。これは酸素と結合する所です。
 109.5度の角度定規を用いて28mmで切ります。これがとの結合面となります。ここには結合面を切り終えてから,ナットを設置します。接着してもよいでしょう。
 「との結合面がどちらになるか」を間違えないようにしてください。
 109.5度の角度定規を用いて24mmで切り,水素原子をつけます。
 
イ:28mmで切ったあと,108度の角度定規を用いて24mmで切ります。これは酸素と結合する所です。
 109.5度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ります。OHがつく部分に印を書き,ナットを設置します。裏側には水素原子が結合します。

ウ:28mmで切った後,108度の角度定規を用いて28mmで切ります。次に,109.5度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ります。表に水素原子が結合し,裏にOHが結合します。
(OHがつく部分にナットを設置しておいて,磁石を仕込んだ水素原子をつけたらデオキシリボースに化けさせることができます)

エ:28mmで切った後,108度の角度定規を用いて28mmで切ります。次に,109.5度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ります。表は水素原子が結合します。裏にはOHがつきますので,印を書き,ナットを設置します。


オ:109.5度の角度定規を用いて28mmで切った後,24mmで3カ所切ります。3カ所のうち,2つは水素原子が,1つはOHが結合する場所です。
 OHが結合する場所には,ナットを設置します。
 と結合する部分には,磁石を設置します。

OH:30mm球を赤く塗り,24mmで接するように2カ所切ります。片方には25mm球を半分に切った水素原子をつけます。
 他方には磁石を設置します。
 こうしてつくるOHを4つ作ります。

2013.01.17


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
10(DNAの組み立て)に戻る    12(ATP)に進む