分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方8に戻る  分子模型の作り方10に進む

酢酸

 こだわり分子模型2と同じようにして、化学便覧 基礎編 IIのデータを利用して計算したのが以下の表です。
a-b a原子の
半径
b原子の
半径
c=abの
距離
R=結合面の直径 切断面の直径(cm)
C-C 1.7 1.7 1.517 3.042813008 3.0
C=O 1.7 1.52 1.212 2.950112492 3.0
C-O 1.7 1.52 1.361 2.892597348 2.9
動く分子事典より
酢酸の動く分子事典での像
 上の表のように作成すると、左図の「パソコンで見る動く分子事典」のモデルと同じような形になると思います。
 しかし、水素が炭素と重なりあっているのを表現するのが難しいのと、その後、エーテルにしたりするときに困りそうなので、「C=O」間はそのままにしておいて、「C-O」間の切断面の直径を2.4cmに変更して製作することにしました。
 
 それが、下の表です。

a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C=O 3.0
C-0 2.4
C-H 2.4
O-H 2.4
 この表を利用して制作した分子模型が下の図です。
酢酸の模型酢酸の模型
 左側のCは、まず一番大きい第一面を3cmで切ります。この面でCとくっつけることになります。
 次に、109.5°の角度定規と2.4cmの孔定規を利用して、Hとくっつけるための残り3カ所を切ります。
 
 右側のCは、これも3cmの第一面を最初に切ります。Cとくっつく面です。
 次に、C=Oの面を3cmで、第一面と126°の角度で切ります。自由に切れる角度定規がない場合、第一面から1mmほど離して3cmで切ればいいです。
 さらに、C-Oの面を2.4cmの大きさで、第一面と110°の角度で切ります。これは、第一面から1mmほど離して2.4cmで切ることになります。
 
 こうして、Cの完成です。
 
 OとHは、水と同じやり方で切ればいいです。

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方8に戻る  分子模型の作り方10に進む