分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方68に戻る    

セボフルラン

 息子が骨折して,その手術で全身麻酔をすることになりました。麻酔医から手術に関する説明を受けた際に「それではこれ以外に質問はありませんか」といわれたので,質問することにしました。「全身麻酔に使うのは笑気ガスですか?」と。
 すると,「笑気ガスではない」とのことなので,「では何ですか?」と聞くと,セボフルランという単語を引き出すことができました。
 では,どんな分子なのでしょう。なにか特別な構造を持っているのでしょうか。
検索してみたところ,KEGG MEDICUSセボフルランの構造式を見つけることができました。
なんとフッ素を7個も一つの分子に持った特別な分子でした。

部品

buhin.jpg

炭素は,4個の35mm球を黒く塗り,メタンと同じように109.5度で4カ所切ります。

酸素は,1個の30mm球を赤に塗り,24mmで接するように2カ所切ります。

水素は,25mm球を半分に切ったものを3個用意します。

フッ素は,7個の30mm球をアイボリーに塗り,24mmで1カ所切ります。

構造式

kouzousiki.png 原子同士をつなぐ線を赤で描いた構造式です。この配列になるように部品を木工用ボンドで貼り付けると完成です。

完成

sevoflurane.jpg
sevoflurane2.jpg

2015.05.12


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方68に戻る