分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方11に戻る  分子模型の作り方13に進む

二酸化硫黄

動く分子事典より 完成した分子模型
二酸化窒素の動く分子事典での像 二酸化窒素の分子模型
 こだわり分子模型2と同じようにして、化学便覧 基礎編 IIのデータを利用して計算したのが以下の表です。
a-b a原子の
半径
b原子の
半径
c=abの
距離
R=結合面の直径 切断面の直径(cm)
S=O 1.8 1.52 1.4308 2.937940244 2.9
角度:∠OSO=119.33
硫黄の切断の模様 こだわり分子模型1 「引用文献と原子直径の表」の計算から、S(硫黄)は35mmの発泡スチロール球となります。しかし、動く分子事典におけるアミノ酸の中での硫黄の大きさの表示などを見ていると、硫黄原子の大きさに色々あるために、その大きさの違いから、一番上の図のような違いが出て来ているように思えてなりません。

 上の表のように、すべての結合面は2.9cmで切れば良いです。
 角度はだいたい120度だと割り切って、120度の角度定規を用いて切っても良いでしょうし、私が左の写真に用いているような自作角度定規でも良いでしょう。

切り終えた材料 切り終えた硫黄と酸素原子です。
 酸素原子は2.9cmで切っただけです。

 これらを木工用ボンドで接着すれば完成です。

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方11に戻る  分子模型の作り方13に進む