分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方38に戻る  分子模型の作り方40に進む

ステアリン酸ナトリウム

ステアリン酸ナトリウム ステアリン酸ナトリウム
動く分子事典より 動く分子模型のステアリン酸ナトリウム
 石けんの代表的な成分の一つがステアリン酸ナトリウムです。
 
 石けんについては、こちらもご覧ください。


ステアリン酸ナトリウムの
部品の炭素
center

炭素を作る
(1)35mm球1個を黒く塗り、109.5度の角度定規を用いて、29mmで1カ所切ります。そして、24mmで3カ所切ります。
(2)35mm球16個を黒く塗り、109.5度の角度定規を用いて、29mmで2カ所切り、24mmで2カ所切ります。
(3)35mm球1個を黒く塗り、29mmで切った後、126度の角度で29mmで切り、110度の角度で24mmで切ります。これは、酢酸の切り方と同じです。

そして、重なりあう部分をカッターナイフで切除します。
切除後 概念図
切除した結果 切除の概念図
 <切除後>を見ると、29mmで切ってできた円の一番下の部分が欠けています。これは、両側から29mmで切るときに切断面が重なってできた「切れ線」です。
 
 実際に切って組み合わせようとするとすぐに理解できると思いますが、このままでは炭素原子をつなぎあわせることができません。「切れ線」の部分を超えて重なりあう部分ができてくるからです。
 
 そこで、(1)29mmの円がきれいに重なるように、(2)「切れ線」が上下反対になるように、炭素を重ねてもちます。
 そして、「切れ線」の部分を定規代わりにしてボールペンで線を引きます。
 これが、重なり合いを切除するための補助線となります。
 
 <概念図>は、<切除後>を90度回転させた状態だと思って下さい。ですから、一番下の三角形の頂点が「切れ線」の部分にあたります。
 <概念図>の両側のように、補助線を利用して平行になるように切るとできあがりです。
 

他の原子を作る
酸素A:30mm球を赤く塗り、29mmで切ります。
酸素B:30mm球を赤く塗り、24mmで切ります。
水素:25mm球を24mmの孔定規を用いて半分に切ります。35個必要です。
ナトリウム:25mm球を青く塗り、爪楊枝で酸素Bにつなぎます。

 以上の原子たちを切ったら、炭素同士の間に爪楊枝を差し込んで接着を補強しつつ、仮に組み上げます。
 これができたら、木工用ボンドで接着します。
 乾いてから、水素原子を接着していけば完成です。
 
 center-O-Naの部分とCとの接続をマジックテープで作っておくと、石けんと油脂の関係を示すのに便利です。
 ついでに、左のようなステアリン酸もすぐに作れます。
 -O-Naを-OHに入れ替えればいいのです。
 
 2003.12.27

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方38に戻る  分子模型の作り方40に進む