分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方52に戻る  分子模型の作り方54に進む

硝酸アンモニウム

 硝酸アンモニウムは硝安ともいって、肥料として使ったり、ダイナマイトの原料として使ったりする白い結晶です。
分子模型 実物
硝安 標本
 基本的には硝酸カリウムと同じ作り方です。
 
 硝酸カリウムとの違いは、カリウムイオン→アンモニウムイオンです。
 アンモニウムイオンと硝酸イオンがイオン結合していますから、爪楊枝でつなぐことにして製作しました。

アンモニウムイオンの製作

 アンモニウムイオンは、正四面体の4つの頂点に水素原子があって、正四面体の中心に窒素原子がある構造をしています。
アンモニウムイオンの材料 アンモニウムイオン
アンモニウムイオンの材料 アンモニウムイオン
 
a-b 切断面の直径(cm)
N-H 2.4
 Nは30mm球を青色に塗り、109.5度の角度定規を使って4カ所を24mmで切ります。
 Hは25mm球を半分に切ります。

硝酸イオンの製作

 硝酸イオンは、窒素原子の周りに3つの酸素原子が平らについています。
硝酸イオンの材料 硝酸イオン
硝酸イオンの材料 硝酸イオン
 
a-b 切断面の直径(cm)
N-O 2.4
 Nは30mm球を青色に塗り、水平になるように3カ所を1mmずつ開けつつ24mmで切ります。
 Oは30mm球を赤色に塗り24mmで切ります。

硝酸アンモニウムの完成

 こうしてできたアンモニウムイオンと硝酸イオンを爪楊枝で少し斜めになるようにつなぐとできあがりです。

2005.2.4

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方52に戻る  分子模型の作り方54に進む