分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る

直鎖状の炭素を切る

 〈直鎖状に炭素原子が結合している分子〉を作る時に必要な手順を示しました。
Cへの第二面  35mm球を黒く塗り炭素原子にします。

 これを29mmで切ったところです。
Cへの第三面  炭素原子が一個だけの分子なら問題はないのですが、2個3個・・・と炭素原子が連なっていく場合には、109.5度の角度定規を用いて29mmで2カ所切る必要が出ます。

 すると、左のように「切れ線」と呼ぶ、尾根ができます。
 
炭素の重なり  この「切れ線」があるために、「切れ線」のできた炭素を挟んだ両側の炭素原子たちは「重なり合い」ができることになります。

 その「重なり合い」の片方を示したのが左の写真です。
 <黄色の線>より右側の部分が「重なり合い」となっているので、切除したい部分です。
線を引く  「重なり合い」の部分を切除するために、「切れ線」を利用して両側の炭素原子にボールペンで線を引きます。
 
 つまり、29mmの切断面を二つの炭素原子で重ねてから、「切れ線」の部分を定規のかわりにして線を引くのです。  
切る  ボールペンで書いた線を利用して、<黄色の線>のイメージでカッターナイフで切ります。

 思い切りが必要です。
 でも、とても大事な工程です。
 慣れてくると、ぴったりと合うように切ることができるようになります。
切除後の炭素  切除後の炭素です。
 
 これをもう一個作ります。
完成  直鎖状に結合した三つの炭素原子の完成です。

 「切れ線」を持った炭素原子の両側の炭素原子の「重なり合い」の切除がうまくいっているので、きちんと結合できています。

2004.9.3
分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る