分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
10(セリン)へ  12(システイン)へ

トレオニン

 トレオニンは、アミノ酸の共通構造エタノールがややこしい格好で結合した形をしています。
 
動く分子事典より 発泡スチロール模型
トレオニンの動く分子事典での像 トレオニンの分子模型の正面

 ここで注意が必要となるのは、水酸基を持ったがために側鎖の炭素が不斉炭素となっている事です。側鎖の炭素につく水素から見て、右側がメチル基で、左側が水酸基になります。

トレオニンの異性体
 一つの炭素に4つの異なるものが結合したものを不斉炭素といいます。
 すると、上の図のように、どちらでもよさそうで、同じ物質にならないのが特徴です。
 逆に、こんな異性体を見分けてしまう酵素たちがすごいです。

 アミノ酸の共通構造は、1(アミノ酸の共通構造)を見て下さい。

R(側鎖)の作り方

A、C+OHです。
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-H 2.4
C-O 2.4
O-H 2.4
C+OH
 炭素は、3cmで2カ所、2.4cmで2カ所切ります。Cを切る角度は109.5度です。
 酸素は、水と同じく、2.4cmで接するように2カ所切ります。
 それぞれに2.4cmで切った水素をつけます。
 
B、メチル基です。
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-H 2.4
メチル基

 炭素は、109.5度で、1カ所を3cmで切り、残りの3カ所を2.4cmで切ればよいです。
 そして、水素を2.4cmで切って貼付けます。
 
 以上のようにして作成した4つの部品を、不斉炭素に注意しつつ組み合うように重なりあいを切除して貼付けると完成です。
 
 2002.12.17初出 2003.3.30修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
10(セリン)へ  12(システイン)へ