分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方47に戻る  分子模型の作り方49に進む

トルエン

 トルエンは、ベンゼンにメチル基がついた形をした分子です。
動く分子事典より トルエン
事典より 分子模型

部品
a-b 切断面の直径(cm)
C-C(ベンゼン環) 3.1
C-C(メチル基との間) 3.0
C-H 2.4
 Cは35mm球を黒色に塗ります。
 ベンゼン環を作る6個は3.1cmで120°の角度定規を使って2カ所切ります。そして、切れ線が水平になるように調整しつつ2.4cmで1カ所切ります。
 ベンゼン環を作る6個のうちの1個は最後の1カ所を3.0cmで切ります。すると、切れ線ができます。そこで、切れ線を利用して隣り合った2個に線を書き、カッターナイフで余分の部分を切ります。

 メチル基のCは、3.0cmで1カ所切った後に、109.5°の角度定規を使って2.4cmで3カ所切ります。そして、切れ線を利用して切っておきます。

 Hは25mm球を半分に切ったものを8つ用意します。
 以上の部品を組み合わせて接着すると完成です。

2004.8.18

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方47に戻る  分子模型の作り方49に進む