分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方48に戻る  分子模型の作り方50に進む

トリニトロトルエン(TNT)

 トリニトロトルエンは、トルエンにニトロ基が3つついた形をしています。
 自分の持っている酸素だけでは、自分自身の炭素を燃やし尽くせない事が見えます。つまり、トリニトロトルエンが燃えるためには酸素分子が他に必要であるという事です。
トリニトロトルエン 部品
トリニトロトルエン 部品

a-b 切断面の直径(cm)
C-C(ベンゼン環) 3.1
C-C(メチル基との間) 3.0
C-H 2.4
N-C 2.4
N-O 2.4
 Cは35mm球を黒色に塗ります。
 ベンゼン環を作る6個は3.1cmで120°の角度定規を使って2カ所切ります。そして、切れ線が水平になるように調整しつつ2.4cmで1カ所切ります。
 ベンゼン環を作る6個のうちの1個は最後の1カ所を3.0cmで切ります。すると、切れ線ができます。そこで、切れ線を利用して隣り合った2個に線を書き、カッターナイフで余分の部分を切ります。

 メチル基のCは、3.0cmで1カ所切った後に、109.5°の角度定規を使って2.4cmで3カ所切ります。そして、切れ線を利用して切っておきます。

 Hは25mm球を半分に切ったものを5つ用意します。
 Nは30mm球を青く塗り、2.4cmで1mmほど間隔を空けながら3カ所平面になるように切ります。これを3つ作ります。
 Oは30mm球を赤に塗り、半2.4cmで1カ所だけ切ります。6個必要です。
 以上の部品を組み合わせて接着すると完成です。

2004.8.18

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方48に戻る  分子模型の作り方50に進む