分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方24に戻る  分子の作り方26に進む

尿酸

 尿酸は、DNAやRNAの材料の一つのプリン類(アデニンとグアニン)が変化してできる物質です。尿酸が身体にたまると痛風になるそうですから、ビール(麦の芽を使っているのでDNA等の成分が多い)よりも焼酎の方が好まれたりします。
プリン 尿酸
プリン → 尿酸

 以下に示したのは、動く分子事典での尿酸と、製作した尿酸です。
 尿酸とプリンはよく似ていますから、作り方はプリンとほとんど同じです。

動く分子事典より 尿酸
動く分子事典の尿酸 尿酸
炭素:35mm球を黒く塗り、ア・イ・ウ・エ・オのようにして切ります。

ア:120度の角度定規を用いて、28mmと24mmで切ります。その後、ちょうど真ん中になるように立たせておいてから29mmで1カ所切ります。

イ:120度の角度定規を用いて、28mmで2カ所切ります。そして、アと同じように立たせておいてから29mmで切ります。

ウ:108度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ります。そして、アと同じように立たせておいてから29mmで切ります。

エ:28mmで第1面を切ります。続いて、第2面を120度の角度定規を用いて28mmで切ります。最後に第3面を108度の角度定規を用いて24mmで切ります。

オ:28mmで第1面を切ります。続いて、第2面を120度の角度定規を用いて24mmで切ります。最後に第3面を108度の角度定規を用いて24mmで切ります。

窒素:30mm球を青く塗り、カ・キのようにして切ります。

カ:30mm球を青に塗り、108度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ります。そして、24mmの穴定規に立たせておいて1カ所切ります。

キ:30mm球を青に塗り、接するように24mmで2カ所切ります。そして、24mmの穴定規に立たせておいて1カ所切ります。

水素:25mm球を半分になるように切ります。

 以上のようにして作製した部品を木工用ボンドで貼付けると完成です。

 2003.7.25

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方24に戻る  分子の作り方26に進む