分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
6(アラニン)へ  8(ロイシン)へ

バリン

 バリンは、製作が非常に大変でした。R(側鎖)のメチル基があちこちにぶつかっているために、たくさん削らなければいけなかったからです。

 発泡スチロール模型には部品名を記入しています。

動く分子事典より 発泡スチロール模型・正面 裏面(RのC上のHが見える)
バリンの動く分子事典での像 バリンの分子模型の正面 バリンの分子模型の裏面
 アミノ酸の共通構造は、1(アミノ酸の共通構造)を見て下さい。

R(側鎖)の作り方

A、RのCの製作です。
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-H 2.4
RのC HをつけたRのC
C1 C1に水素をつけた所
RのCを3.0cmで3カ所切り、残りは2.4cmで切ります。
 このRのCは、CRのメチル基を結ぶジョイントとなります。

B、Rのメチル基の製作です。
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-H 2.4
側鎖のメチル基
Rのメチル基のCを3.0cmで1カ所切り、残りの3カ所は2.4cmで切ります。

 メチル基は2個作ります。

 ところが、このメチル基がくせ者で、ほぼすべての炭素原子に重なりあいます。おかげで、見当を付けて切らなければいけない所が非常にたくさんあります。これを事細かにHPで記載する事は不可能ですので、「何がどこにぶつかっているのか」「自分が切ろうとしている部分は一体どこなのか」「切った部分はどことどこを接着する予定なのか」などをよく確かめながら、切って下さい。

 上に掲載している写真に、切除した後の姿を示していますから、参考にして下さい。

 本当に、大変です。

 2002.11.22初出 2003.3.30修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
6(アラニン)へ  8(ロイシン)へ