グラフに戻る

ガス事業の変遷

 ガスの長期的なグラフを描いてみました。

供給量

 『日本都市ガス産業史 社団法人日本ガス協会 1997年』に掲載してあったデータをもとに描きました。

 1880-1911は,石炭消費量からガス供給量を推定した数値を使ってグラフを描いています。

 第一次世界大戦(1914年〜)と第二次世界大戦(1940年〜)の影響が大きく見えます。
 特に,第二次世界大戦は深刻でした。

 でも,それがなかったかのようにグラフの成長率が続いているのがすごいと思いました。
管路

 換算している部分が気になっていたので,『管路延長=ガス管の長さ』によるグラフも描いてみました。

すると,だいたい同じようなグラフとなっているので,かなりうまい具合に換算に成功しているなと思います。
事故

 ついでにガス事故のグラフも描いてみました。
『日本長期統計総覧 第5巻 日本統計協会 1988年』によるデータで,1955〜1985の30年間のものです。

 だいたい年間100件の事故が起きていることがわかりました。
 なかなか0になってくれないものですね。
グラフに戻る