グラフに戻る

雄花と雌花の数の比較

 雄と雌という性について考えている際に、「雄花と雌花の数にはどれほどの違いがあるものだろうか」という疑問が湧きました。それで、キュウリとニガウリ(各1個体)について調べたグラフです。

キュウリの雄花と雌花

 昨年育てた経験では、「キュウリの方が著しく雄花が多いだろう」と予想していました。しかし、ニガウリの雄花の方がはるかに多く咲いていました。
 それにしても、ニガウリでは実に60倍の開きがあります。凄いものです。
ニガウリの雄花と雌花

 咲かずにしおれた雌花や、咲いたのに育たなかった雌花がいくつかありました。根本側に大きく育っている他の雌花があったのでスイッチがオフになったのか、受粉が不十分で種子が育たなかったためにスイッチがオフになったのか、などと推測しています。
 それにしても、雌花の根元から先だけが枯れていくというのは、何らかの植物ホルモンのようなものが働いて、離層から先だけを枯らしているのでしょう。血液の凝固と似たものを感じます。なぜ、植物体全体がスイッチオフになって枯れないのか。どのようなしくみで、植物体の一部だけをスイッチオフにしているのか。疑問はつきません。

グラフに戻る