グラフに戻る

ヒトの生存曲線

 これは、厚生省(当時)がインターネットに発表していた第18回生命表から作成した、とっておきのグラフです。

人の生存曲線

 上の図は、今までありそうでなかったヒトの生存曲線です。どうして、「ありそうでなかった」かというと、生物学の専門書では、他の生物のグラフはあるのに、なぜかヒトを扱っていなかったからです。
 データの出所は厚生省です。つまり、ヒトとは言っても、日本における生存曲線です。
 片対数ですから、グラフが直線になっているとき、ネズミ算の式というネズミ算で変化していることを現しています。それで、生徒に説明するときには、便宜上、傾きを「死ぬスピード」と表現しています。

 70歳近くまで男女とも死ぬスピードはほとんど0です。しかし、その後、急激に死んでいっています。ヒトとしての寿命があるようです。そして、男女の差が見えます。

 また、30歳前後の時に繁殖するカップルが多いことでしょう。すると、ヒトは繁殖後も生き残っている個体が非常に多いことがグラフから分かります。ここに、人口爆発が見えるようです。

グラフに戻る