グラフに戻る   インフルエンザの流行 2

インフルエンザの流行 1

 インフルエンザに関して国立感染症研究所は『感染症週報』を発行しています。

 「定点観測」として4000ほどの医療機関からの報告をまとめています。
 医療機関数は毎年違うので報告数では比較ができません。
 そこで,総報告数を医療機関数で割ったのが「定点あたり」という数となります。
1.png


 冬になるとビッと伸び,すぐに沈んでいます。
 まるで心電図です。

 ビッと伸びる間隔がほぼ同じであることから,流行する時期は毎年ほぼ同じであることが見えます。

 そこで,片対数グラフに描きなおしてみることにしました。
 片対数グラフにすると,「変化の速さ」を知ることができるからです。
2.png


 右肩上がりのときの傾きはほぼ毎年同じです。
 そして,減るときの傾きもほぼ毎年同じです。

 そのため,見事な波形にみえています。
 それにしても,「毎年,夏にインフルエンザ患者は消えることは無い」ということに驚きました。
 
 ちなみに,片対数グラフでは0がないので,0.001などという数値もいれています。無視していい部分だと思います。ですから,0.01よりも下の部分はないものとして見ていただいていいかと思います。
 また,グラフをダウンロードすると,より精細にみることができます。
 2009.08.28

グラフに戻る   インフルエンザの流行 2