2002〜2004年の花粉飛散量へ

スギ・ヒノキの花粉飛散量(2002年)

 甘木朝倉医師会病院が調査したグラフを、通院している池田耳鼻科で見ました。
 個/cm2/日が縦軸の単位です。

スギとヒノキの花粉飛散量

 3つのピークがあります。スギとヒノキの花期の違いでしょうか。それとも、スギの中で地域やスギの年齢によって花期に違いがあったのでしょうか。
 花粉症の私にとっては、グラフになるはるか以前から症状がでてきて、ヒノキの時期に最悪の状態となり、グラフが終わった後も黄砂のせいでか症状が続いています。グラフよりも体のセンサーの方が正しいと思ってしまいます。
 花粉の測定方法が敏感でなかったということもあるかもしれませんが、どのような方法で測定しておられるのかを聞いていませんので、想像でしかありません。
花粉飛散量の片対数グラフ

 片対数グラフは当然のことながら万能ではありませんでした。この場合、私には理解できないグラフです。時々爆発的に花粉を放出しているのであって、ねずみ算式に増えていっているわけではないというのが理由だとは思いますが。

2002〜2004年の花粉飛散量へ