2002へ 2003〜2005年の花粉飛散量へ

2002〜2004年の花粉飛散量

 甘木朝倉医師会病院が調査した花粉飛散の数値を、通院している池田耳鼻科に片対数グラフとして描いてあります。
 個/cm2/日が縦軸の単位です。

スギとヒノキの花粉飛散量

 2002年〜2004年の花粉の飛散量を比べてみました(Excelによるグラフです)。

 手前の黄色が2004年です。そして、真ん中の赤が2003年、一番後ろが2002年です。

 2004年は、2002年と2003年に比べて予報通り花粉飛散量が少なかったのがわかります。
 そして、2003年の旺盛な飛散量が困ったものでした。
 よって、2004年は比較的楽でしたが、激しく花粉症の発症した時もありました。これは、花粉のためというより、入試業務によるストレスが大きかったように今になっては思えます。

2004.4.10
2002へ 2003〜2005年の花粉飛散量へ