2002〜2004年の花粉飛散量へ 2005と2006年の花粉飛散量へ

2003〜2005年の花粉飛散量

 甘木朝倉医師会病院が調査したグラフを、通院している池田耳鼻科で見ました。
 個/cm2/日が縦軸の単位です。

スギとヒノキの花粉飛散量

 スギやヒノキの花粉の飛散量が少なかった2004年を一番手前の緑色で表現しました。

 それに比べると、2003年はまんべんなく花粉が散っています。

 これに対し、2005年は出足は遅かったのですが、最後にはかなりの量の飛散量となっていました。

 「多いだろう」という多くの番組の予想はある程度あたりました。
 累積でいうと2003年の方が激しそうです。
 でも、ヒノキの花粉は2005年の方がひどそうです。

 個人的な感覚では、2005年の方が2003年よりも楽だったと感じました。
 ヒノキの方によりひどく反応するのに、「楽だった」というのは、花粉飴をなめていたおかげでしょうか?
2002〜2004年の花粉飛散量へ 2005と2006年の花粉飛散量へ