携帯電話の最近の推移に進む

携帯電話の増え方は、ネズミ算か加速度的か比例か?

 人力車が明治に流行した時にネズミ算的に増えていて、これは結構いろんなときに現れる現象であると、板倉聖宣さんが書いておられました。それを検証すべく、携帯電話でグラフを描いてみました。
普通のグラフ

 郵政省のホームページの移動電気通信事業加入数の現況(平成12年3月末現在)でのデータをグラフに表現しました。なめらかな曲線のグラフになっています。しかし、加速度的(y=x2的)なのかネズミ算的(y=2x的)なのかはわかりません。
片対数グラフ

 同じデータを今度は片対数グラフに表現しました。
 すると確かに、携帯電話の増え方はグラフでほぼ一直線になる事からネズミ算的に増えている事がわかります。しかも、二段構えの伸びになっていることまでも見えます。
 次の携帯電話の最近の推移に最近の加入者数の詳細を載せます。大きなグラフなので画面に入りきれないかもしれません。
携帯電話の最近の推移に進む