観察に戻る
アオギリの雌花と雄花へ  アオギリの果実へ  アオギリの成熟した果実へ

アオギリの花

アオギリの果実
 アオギリの果実は、雌しべを構成している心皮が分離して、それぞれが一枚の葉のように見えます。(手を合わせるかたちになっている葉のような部分が果皮で、その間にある丸いのが種子です)
 なるほど、葉が組合わさって雌しべになっているんだなあと思えます。

 しかし、アオギリはどんな花が咲いて、どうやってこんな形の果実になるのだろうと疑問に思いました。

街路樹
街路樹としてのアオギリ アオギリの花
 アオギリは、左の写真のように街路樹として植えてあったりする木です。
(この木は吉塚の博多サンヒルズホテルの前のもので、樹冠には花が咲いています)
 
 そして、7月にはあまり目立たない花をつけました。
 でも、盛んにハチ達が来ていました。引き付けるものがあるのでしょう。
 

一見すると両性花
のような雌花
蕾から成長
する雌花
雌花の断面
アオギリの雌花 アオギリの花の成長の様子 アオギリの雌花の断面
 なんとも奇妙な形をした花です。
 咢から、すくっと伸びて、花弁を抜かして、雄しべを従えた雌しべが見えます。
 
 「蕾から生長する雌花」には、一番下の「蕾」から上に見ていくと、咢から顔をのぞかせた雌花、付け根が伸び始めた雌花とあり、その成長の様子がうかがえます。
 
 「雌花の断面」では、子房や胚珠の位置関係が見えます。
 どうも、この雌しべが生長するにつれて分裂し、一番上の果実になるのだなと予想できます。でも、結果を知らなかったら、「そんな馬鹿な。あんな形になるはずがない」といいたくなる花の形をしています。
 
 雄花と雌花をつける単性花じゃないよねえと思いつつ花を見ました。
 すると、雌しべの下にちゃんと雄しべがあるのが見えましたから、「なんだ両性花じゃないの」と帰りました。
 
 しかし、違いました。「日本の野生植物 木本II」によると、雌花を観察していたのでした。ひょっとしたら雌花しかつけない枝とかがあるのかもしれません。
 改めて観察する必要が出てきました。
 

2003.7.20


観察に戻る
アオギリの雌花と雄花へ  アオギリの果実へ  アオギリの成熟した果実へ