観察に戻る
アオギリの花へ  アオギリの雌花と雄花へ  アオギリの成熟した果実へ

アオギリの果実

アオギリの樹形
 久留米の青少年科学館に行った帰り、果実をつけたアオギリが視野に飛び込んできました。
 
 茶色に大きく育った果実が目立ちます。
 
 手に届く範囲にたくさん花をつけていて、実によい木です。
アオギリの果実の生長
 先端からだんだん生長して、果実が開いていく様子が見えます。
 
 アオギリの雌花と雄花での「果実の変化」のその後の様子が伺えます。
 それにしても、1cmほどしかなかった果実が7cmほどまで生長しているのです。すごいものです。そして、その果実の重みで、上下が反転しています。

アオギリの果実の断面
 開く前の果実を切ってみました。
 アオギリの雌花と雄花での「果実の断面」でも、果実の内部に液がありました。そして、左のように生長しても、茶色の液体で満ちていました。
 
開く前の果実 開いた果実
アオギリの開く前の果実 アオギリの開いた果実
 「開く前の果実」は、『一枚の葉が変化して心皮となっている』と考えたときの筒状に閉じた接着面を見ているのだと思います。
 
 それは、「開いた果実」での葉脈の走り方から推定したものです。
心皮の仮説
 左端は、中肋(青)に種子(緑)をつけた葉(心皮)です。
 その端(赤)どうしが接着して筒状になって、真ん中の、果実の状態です。
 接着したところから外れればいいのに、中肋からはずれたのが右端です。
 
 以上のように考えると、「開いた果実」の葉脈の走り方が説明できると思いました。  

2003.8.13


観察に戻る
アオギリの花へ  アオギリの雌花と雄花へ  アオギリの成熟した果実へ