観察に戻る
アオギリの花へ  アオギリの果実へ  アオギリの成熟した果実へ

アオギリの雌花と雄花

アオギリの花
 アオギリの花では雄花が見れませんでしたので、雄花とその後の雌花の様子を観察するために、秋月中学校に行きました。

 すると、予想どおり、雄花などを観察することができました。
 「雄花は、雌花の後に咲き始める」と言えるようです。
蕾と雄花 雄花の先端
アオギリの雄花とその蕾 アオギリの雄花の先端
 雄花は、棍棒のような形をしています。
 先端の丸くなったところは、葯の集まりです。
 
 先端を拡大してみると、葯が裂開しているのが見えます。
 

咲いたばかりの雌花と
結実した雌花
果実の変化 果実の断面
アオギリの雌花 アオギリの果実の変化 アオギリの果実の断面
 
 「咲いたばかりの雌花」から「結実した雌花」への変化は、他の植物と同じですから理解しやすいです。
 
 しかし、「果実の変化」がすごいですね。
 「結実した雌花」の子房=果実が割れていっています。
 これは、雌花の子房が5つの部分から成り立っていたことを示しています。
 この一つ一つの部分を「心皮」といいます。
 
 「果実の断面」を見ると、一つ一つがエンドウの果実と同じであることが見えます。逆に言えば、エンドウの果実は一枚の心皮だけからできているのですね。

雌花についている葯
の中の花粉
雄花の花粉
アオギリの雌花の花粉 アオギリの雄花の花粉
 雌花には、「咲いたばかりの雌花」に見えるように、雄しべがあります。
 なのに、なぜ、花(両性花)と呼ばずに、雌花と呼ぶのでしょうか。
 
 それで、雌花の雄蕊と雄花の雄蕊の葯の中の花粉を観察してみました。
 
 花粉は、スライドグラス上で葯を軽く潰して、酢酸カーミンをかけて、余分な葯の壁などを取り除いた後にカバーグラスをかけてプレパラートを作成し、顕微鏡で観察しました。
 
 すると、両方に花粉がありました。
 
 雌花の方にはほとんど花粉がありませんでした。
 しかし、さすがに雄花にはたくさんの花粉がありました。そして、その中には不稔の花粉(染まっていない花粉)も多くありました。
 
 後、いくつかの雌花を観察しましたが、雌花の雄蕊は裂開する前に落ちてしまうようです。花粉を持っていてもまき散らさなければ受粉はしませんから、やはり「雌花」なのでしょう。
 

2003.7.29


観察に戻る
アオギリの花へ  アオギリの果実へ  アオギリの成熟した果実へ