観察に戻る

部分日食2009

sougankyou1.JPG  2009.7.22に全国的に部分日食がありました。

 今回,さまざまな方法で観察してみて一番よかったのが,この双眼鏡による投影法でした。
sougankyou2.JPG  こんなふうに,くっきりと大きく太陽の像を観察できました。
syakougurasu.JPG  遮光グラスを目に当てて肉眼で観察するのも,とてもいい具合でした。
pinhole.JPG  画用紙に針穴をあけて,別の画用紙に投影しました。

 他にもピンホールを使った方法でいくつか観察しました。
tutu.JPG  意外と良かったのが,「アルミホイルの芯の上部にアルミホイルをセロテープでピンと張り付け,ピンホールを開けておく。芯の下部にはレジ袋をピンと貼ってスクリーンにする」という方法です。
danbo-le.JPG  意外と良くなかったのが,「段ボールの小箱の上部に穴をあけ,アルミホイルをピンと張り付け,ピンホールを開ける。箱の内部に白い画用紙を置いてスクリーンとする」という方法です。空や雲は見えますが,なぜか太陽は丸く見えました。距離が足りなかったのかもしれません。
yubihole.JPG  指で作ったピンホールでも像は見えました。
 
 ご愛嬌,ですね。
kuma.JPG  ご愛嬌ついでに,熊のキャラクターみたいに見える日食写真です。
komorebi2.JPG  木漏れ日もピンホールによる現象です。
komorebi1.JPG  木漏れ日の中に白い画用紙を置いて見やすくしました。
 
 子どもたちはこれを一番喜んでくれたと思います。
keisoku.JPG  息子に「気温の変化を測定してみたら」と,測定してもらいました。
kion.png  「34.1℃から28.2℃へと6度近くも気温が下がり,周囲が暗くなる」というのは驚きでした。

 
 2009.07.23

観察に戻る