観察に戻る
  ダイコンの芽生えから  ダイコンの根と茎の違い

ダイコンの果実まで

とうが立ったダイコン(2003.4.23) 花が咲き始めたダイコン(2003.4.26)
とうが立ったダイコン 咲き始めたダイコン

 冬の間は変化がないように思えたダイコンでした。
 しかし、春になると花を咲かせるために茎を伸ばし始めました。
 先端にはつぼみがついています。
 
 そして、ついに咲きました。

ダイコンの花(2003.4.26) 実った果実(2003.5.18)
花の拡大 実った果実

 ダイコンの花の拡大です。
 紫が入って美しい花です。
 
 その後、多数の花が咲き、実りました。
 アブラナのような果実になるに違いないと予想を立てていましたが形が違います。
 なんだか、ひょうたんみたいです。

熟したダイコン(2003.6.5) 完熟ダイコン(2003.6.24)
熟したダイコン 完熟ダイコン

 「熟したダイコン」
 強い風が吹いた後ということもあるのですが、ダイコンは倒れました。
 左側のまだ緑色をしているのがダイコンで、右側の茶色いのはハクサイです。
 ハクサイと同じように、倒れて種子を蒔くつもりなのでしょう。

 「完熟ダイコン」
 しかし、熟して果実が腐り始めても固いままです。
 指で相当な力を加えないと種子が出てきません。
 おそらくは、もっと腐らないと種子を蒔けないことでしょう。

 
2004.1.6

観察に戻る
  ダイコンの芽生えから  ダイコンの根と茎の違い