観察に戻る
エンドウの果実の成熟   

エンドウにつく虫

葉の中の蛹
 初めは、イモ虫が葉を食べた後だろうと思っていました。
 しかし、イモ虫は見当たりません。
 おかしいなと思いつつ、よーく見てみると蛹がいたのでした。
 
 (白く見える食べた後の中に茶色のが見えます。それが蛹です)
 
 葉の柵状組織などを食べていて、葉の表皮を食べていません。
 すると、エンドウの葉に自分の蛹を守ってもらう事になります。
 なんて奴でしょうか。
 
 一匹ずつ殺すしか農家の人は出来ないはずです。農薬はかからないのですから。
 殺さない事にしている私も、あまりの身勝手な振る舞いに一匹ずつ潰していこうかと思ってしまいました。

なめくじ
 果実に時々穴があいていて、その部分を割ってみると、種子の内部の子葉が食われている事がありました。
 
 これは、「種子の中で育った幼虫が出ていった後の穴だろう」と思っていたのですが、意外な犯人を発見しました。
 
 ナメクジです。外側から食っていたのだとは思いませんでした。

2003.6.9


観察に戻る
エンドウの果実の成熟