観察に戻る

ヒイラギ

 2001.08.21に久留米工業高等専門学校にて、走査型電子顕微鏡の公開実習を受けました。
 そこで、ヒイラギの葉の気孔が観察しやすいという知識はあったので、実際にはどうなのかを試してみることにしました。

 直接、生のヒイラギの葉に金を蒸着し、電子顕微鏡で観察するという簡単な方法で行ったにもかかわらず、結構見えました。ただし、細胞の境界は見えませんでしたので、蒸着の仕方や標本の作成に工夫が必要なのだと思いました。

 また、孔辺細胞が妙に見えますし、富士山のような形の構造も見えますし、光学顕微鏡で観察し直す必要を感じました。

ヒイラギの気孔の配置  ヒイラギの葉の裏の気孔の配置を示した写真です。

 気孔の周辺の模様は表皮細胞の表面の模様だと思います。でも、表皮細胞の境界は不明です。

 中央に見える富士山のような形に見える構造も気孔なのかがわかりません。なんだか穴に蓋をしてあるように見えます。
ヒイラギの気孔の拡大  ヒイラギの気孔の拡大図です。

 孔辺細胞は二つあるはずなのに、この倍率でも境界線が見えません。気孔の部分には仕切のような板が見えます。

 上の図の倍率は正確ではありません(ほぼ実物大ですけど)。よって、写真中のバーを参考にして大きさを判断して下さい。
観察に戻る