観察に戻る

イヌツゲの花と実

inutuge.jpg  庭木として栽培してある木が花の時期になると,ミツバチがやってきます。
 ミツバチの羽音で「ああ,今年も咲いているんだ」と気づくことができるのです。
  この庭木の事をつい最近まで単に「ツゲである」と思っていました。
  しかし,図鑑を調べてみると,イヌツゲでした。
  似ているけれど違う種に「イヌ」をつけます。この場合も,全然違う種でした。
 
kajitueda.jpg  よく見ると果実がついていました。
 黒い果実です。
hana.jpg  花には,4枚の花弁と4本の雄しべがあります。
 しかし,この雄しべには花粉がありません。
 雌花だったのです。
kajitu.jpg  果実をつけた枝です。
syusi.jpg  果実には2個の種子が入っていました。
 基本的な数は2であるようです。

2006.6.3
観察に戻る