観察に戻る
カブトムシ2  カブトムシ3

カブトムシ1

 今の子ども達はかわいそうです。歩いて行けるところに採集場所がほとんど無いからです。
 それでも、私の息子は幸せな方でしょう。親子で採集に行けますから。

 息子のために採集に行きはじめて、やっとカブトムシやクワガタムシの生態を理解できるようになってきましたし、なんといっても樹液を吸っているカブトムシを見れるようになったのは幸せです。なぜなら、私の子ども時代は、昼間のクヌギ林で蹴落として落ちてくるクワガタムシを主に採集していて、蜜を吸う姿など見たことが無かったからです。

 私たち一家は、昼間、下見をしておいて夜に採集に行きます。みんなが言うように早朝に行きましたが、思った程には採れませんでした。また、夜中に行ったり、日暮れに行ったりいろいろしてみました。我が家での結論は、「20:00頃から21:30頃が最も採集に適している」です。

 不思議なのは、パッと見には同じように蜜を出しているのに、甲虫の多いクヌギと、蛾の多いクヌギと、蟻の多いクヌギがあるということです。彼らはどこで好みを見分けているでしょうか。これから、意識をして観察をしようと思います。

 昼間からクワガタがいる木は、程度のよい蜜を出しているのでしょう。こういう木は、夜に行くとバッチリな木です。カナブンが昼間いる木もけっこういけることが多いですね。

 しかし、昼間からダラダラと蜜を出している木には、夜になっても来ないことがしばしばです。おそらくは、導管の部分に亀裂が生じていて出てくる蜜だから、根から吸い上げた水が主成分のはずです。だから、蜜の味が薄いのに違いありません。

 夜に採集するとバッチリの木は、昼間は出ていないのに夜は蜜がたっぷりと出ていることがしばしばあります。これは、篩部に亀裂が生じて出てくる蜜なのでしょう。だから、夜になって光合成でできた糖分を全身にまわしている時の液が出てきていて美味しいのだと思います。
昼間の樹液の少ないクヌギ 夜になって樹液の多いクヌギ クヌギに来た♀
樹液の少ない姿 樹液の多い姿 樹液を吸う♀

観察に戻る
カブトムシ2  カブトムシ3