観察に戻る

果実のモデル

心皮と種子 果実の状態 正面から見た果実
心皮の状態 果実の状態 正面から

 「心皮と種子」は、シダ種子植物のようなイメージです。
 心皮となる葉を粘土で作製し、種子を鉛のおもりで代用しています。
 この種子を葉が包むと「果実の状態」となります。
 
 閉じただけの状態の果実(雌しべ)の縫い目を正面から見たのが「正面から見た果実」です。

 エンドウ  左のエンドウは、「果実の状態」そのものです。
 そして、エンドウをゆでる時には「スジ」を取ることがあります。この「スジ」は、心皮となる葉の葉脈にあたることをモデルで示しました。
 
 また、『モモの場合では、「正面から見た果実」の縫い目がまだはっきり見えているのだろうと思っている』と伝えました。

2002.9.28

観察に戻る