観察に戻る  カキの果実へ

カキの花

カキの花  熊本の自宅のカキに花が咲いていました。

 カキは雄花と雌花が咲きます。
 てっきり両性花が咲くものだと思っていましたから、このことを絵本を見るまで知りませんでしたので、大変驚いた経験を持っています。
雌花  それで「よし、カキの雄花と雌花を見てやろう」と見ているのに、雌花ばかりで雄花がありません。

 これは、富有柿であることが原因のようです。富有柿は雌花しか咲かず、他のカキからの花粉が受粉しないと実らないそうです。

引用文献:かきものがたり ちかみじゅんこ/文 津田英作/写真 原佐六/監修 金の星社 1991年2刷

2003.5.5

 秋月にある友人宅の柿の木に花が咲きました。
 オタニガキという長い実のつく種無しの渋柿だそうです。
 
 ここで、やっと雄花を見る事ができました。
 柿の花って、本当にきれいでした。
オタニガキの雄花 オタニガキの雌花
雌花の断面 雌花の断面
 雄花はドウダンツツジのように、壷状の花がたくさん咲いています。
 雌花を見ると、基本的な数が4であることが(がく・花びらの数が4)見えます。
 
雌花と雄花
断面
 左側が雌花で、右側が雄花です。
 雌花の方が大きいですね。
 魚のクマノミとかのやり方と同じで、種子を作る方にエネルギーをたくさん使っているのでしょうか。
 
 でも、もともとは両性花であったことが断面から見えます。
 つまり、雌花はおしべをもっているし(ただし花粉をつけない)、雄花はめしべをもっているのです。
 
 最初から雄しべしか持たない雄花と、めしべしか持たない雌花を咲かせているのなら話は簡単ですが、わざわざ片方の機能を抑えているというところが不思議です。
雌花の枝と雄花の枝
 さらに不思議なのは、(1)雌花しかつけない枝と雄花しかつけない枝があって、それが、(2)結構近かったりする事です。
 
 片方の花しかつけないという事は、その枝の付け根のところで性の分化を命令する何かが起こったという事を意味しているのでしょう。つまり、雄花しかつけない枝は<雄化した枝>であり、雌花しかつけない枝は<雌化した枝>であるのでしょう。
 
 この性の分化はどのような機構で起こるのでしょうか。そして、どのように調整しているのでしょうか。植物ホルモンが関係していそうです。遺伝子にどのように働いて調整しているのか、非常に興味がでます。
 
 しかも、(2)のように、枝が近くても(大きな一枝全体が雌花というのでもなく)性の分化がきちんとできているというからには、かなり厳密な事が起こっているはずです。
 <性>に興味のある私としては解明したいところなのですが、今のところ実験手段を思い付きません。
 でも、非常に面白いです。
 
2003.5.15

観察に戻る  カキの果実へ