観察に戻る

カラタチの花と実

 福岡県立朝倉高等学校を象徴する花がカラタチです。
 カラタチは、学校を囲む生け垣でもあります。
 
 そのカラタチの花と実です。(花:2003.4.9、実:2003.5.28)
カラタチの花 カラタチの果実

 
 カラタチの実を見るのは初めてです。直径が2cmほどしかなく、成長途中なのでしょう。
カラタチの実 実の断面

 左がカラタチの実を縦に切ったもので、右が横に切ったものです。
 こんなに皮の部分が厚いとは知りませんでした。
 
 それとも、いわゆるミカンとして食べる部分のみが大きくなっていくのでしょうか。成長が楽しみです。
 

2003.5.28


カラタチが実る  5月に青かったカラタチの実が黄色に熟してきました。
 
 それでも、3cm〜4cmほどしかありません。
 5月に比べると、やっと2倍に大きくなったところです。
 
 食べてみると、とんでもなく酸っぱかったです。
 予想どおりでした。

カラタチの果実
 果実の全体・縦切り・横切りを示しました。

 横切りをよく見ると、5つに別れています。
 花弁等と同じく、基本数は5なのですね。
 
 でも、普段ミカンを食べている時に心皮の数など意識した事はありませんでした。
 温州ミカンといった園芸種は基本数は崩れてしまうのだろうと思っていたのです。今後は注意して食べる必要がありそうです。

2003.10.4


観察に戻る