観察に戻る

川で遊ぶ子ども

川で遊ぶ子ども達  最近は川に遊ぶ子どもそのものが珍種と化してしまっています。

 左の写真は、1990年頃に福岡県浮羽郡田主丸町付近で撮影したものです。ここにはまだ川に入って魚取りをする子どもがいました。それも、魚を素手で捕まえることもできる子たちです。

 最近は、川岸から竿を垂らす子どもはいても、川の中に入る子どもの姿はめったに見れません。環境教育だといいつつも、「危険!川に入るな!」という看板の方が目につきますから、矛盾していると思います。

 護岸工事をして、川に入ったら押し流されるほどの急な流れに改造し、なおかつ、川から脱出できないようにしているおかげだと思っています。そして、用水路としての視点しかなく、川としてはとらえていないようです。


観察に戻る