観察に戻る

クロガネモチの花と実

hanatomi.jpg  枝先に白い花,その少し根元に赤い果実をつけた木がありました。
 クロガネモチです。
hana.jpg  花は6枚の花弁と6本の雄しべがついていました。

 しかし,図鑑で調べてみるとイヌツゲと同じく雌雄異株で,このばあいは雌花でした。
kajitu.jpg  今年伸びた部分には花が咲き,その枝元の昨年の枝の部分には赤い果実がついていました。
 
 こんなに目立つ色なのに,鳥たちはまだ食べてくれていないようです。
syusi.jpg  1個の果実の中には数個の種子が入っていました。

 すべて実っていれば,6個の種子が入っていた事でしょう。
 
 それにしても不思議です。
 イヌツゲと同じくモチノキ科モチノキ属で近い種のはずなのに,「イヌツゲでは4,クロガネモチでは6」と違います。
 これは,「基本的な数が2である」ということかもしれません。

2006.6.3


観察に戻る