観察に戻る   クスノキ 2へ

クスノキ 1

クスノキの新芽 クスノキの枝
クスノキの花序  楠若葉がまぶしく見えます。
 この楠若葉の頃の枝に近づくと、実は花も咲いているのが見えます。
 その花序がわかるように折り取ったのが左の写真です。
  2004.5.16


クスノキの花 クスノキの花の断面
 
 クスノキの花を実体顕微鏡でのぞいてみました。
 小さいながらも実に繊細で美しい花です。
 
 クスノキに花が咲いているのを知らないと言っていた生徒さんたちにも、虫めがねと一緒に花を回して観察してもらいました。「きれいだろー」と美しさの押しつけもしてしまいました。
 
 でも、構造はよくわかりません。
 一見しただけでは葯がどれなのかもよくわからないほどです。
 花弁の内側には白く細い毛がたくさん美しく生えています。
 
 縦断面にしてみると、雌しべがどれだったのかがやっと見えました。
 花の割に大きな胚珠が見えます。
 
2004.5.16
クスノキの果実  楠の果実をつけた枝が台風21号によって折られて落ちていたので、春に観察した花がやっと結実しているのを、労せずして観察することができました。
 
 でも、熟するのはまだ後ですね。
 2004.9.29


熟した果実の実った楠 クスノキの熟した果実
種子  台風23号が楠の枝を折ってくれました。
 その枝には、熟した果実がありました。
 
 果実を剥いてみると、種子が出てきました。
 黒に近い焦げ茶色の種子でした。
 
  2004.10.23


観察に戻る   クスノキ 2へ