観察に戻る  ナンバンハゼの実

ナンバンハゼの花

ナンバンハゼの花  ナンバンハゼの花です。

 いったいどこに花があるの?という花です。
hana.jpg  よく見ると、緑色の花が咲いています。

 長く垂れ下がっているのが雄花で,短く上に向いているのが雌花です。
ナンバンハゼの雌花  人間には咲いているのかさえもよく分からない花です。
 花弁が発達していないのですから。
 
 でも、チョウやミツバチにはよくわかるようです。
 盛んに蜜を吸っていました。
 
 先端が分かれている緑色のものが「めしべ」の部分です。
ナンバンハゼの雄花  雌花が咲いている時に雄花はほぼ咲き終えていました。

 ならば、花粉はどこからやってくるのでしょうか。
 別の木を見ていたらわかりました。上の木では雌花の時期に、こちらの木では雄花が最盛期でした。
 花期が微妙にそれぞれの木によって違うようです。
 
 図鑑によると、雄花が先か雌花が先か(雄性先熟か雌性先熟か)さえも木によって違うということです。
 なかなか渋い特徴を持った植物です。
 
 
2005.7.22初出 2006.7.9修正

観察に戻る  ナンバンハゼの実