観察に戻る

ニンニク

若いニンニク 花芽 黄変
若いニンニク 花芽が生長したにんにく 黄変したにんにく

 ネギににた花が咲くに違いないと予想してニンニクを育てていました。
 しかし、なんだか様子が違います。
 花を包む葉が長過ぎるのでしょうか。
 いつまで待っても剥けて花が咲くように見えません。
 
 真ん中のように、球根のニンニクが花のところにもできているようにしか見えません。
 
 そして、右端のように、そのまま黄変してしまいました。

花芽 黄変した花芽
ニンニクの花芽 空中のニンニク
花芽の内部

 左のように、結局、ネギのようには咲きませんでした。
 
 真ん中の黄変したニンニクを見ていると、地下にも空中にも球根があるように見えます。
 
 中を見ると、種子のようなのができています。
 でも、よくみると”むかご”のようなもので、種子ではないようです。
 
 矢印の先の細いのが本物の花のようです。
 「ニンニクは、わけがわからん」と思いました。
 
解剖
 解剖してみると、やっぱり種子ではないです。
 

2003.6.21

カバーが剥ける つぼみがでてきた
1mekureru.JPG 2tubomi.JPG

 カバーがはずれたら,つぼみが見えました。
 剥けたらつぼみとして育つようです。

花たち 一つの花
3hana.JPG 4hitotuhana.JPG

 ネギ坊主みたいな花たちです。
 一つの花を取り出しました。

花の分解 めしべの断面
5hanakaibou.JPG 6hanadanmen.JPG

 ユリのなかまらしく基本数は3です。
 めしべも3室でした。

2012.6.12


観察に戻る